MENU

妊娠初期に摂るべきおすすめのサプリを紹介!

妊娠が発覚し、子宝に恵まれた喜びも束の間妊娠初期には無事に赤ちゃんが育ってくれるか?無事に出産できるか?妊娠初期から出産までの間にどんなことに気をつければいいのか?など様々な不安や疑問があると思います。

当サイトやそのような妊娠初期のうちから知っておきたい情報や妊娠初期から補っておきたい栄養素、妊娠初期の女性に人気のおすすめサプリなどをまとめました。

何か1つでも参考になり、不安や疑問の解決になれば幸いです。

妊娠初期に不足しがち!補うべき栄養素ランキング!

妊娠前と妊娠初期では、女性の身体に大きな変化がたくさん起こりあらゆることのリスクが高まります。その中でももっとも注意するべきは、栄養不足です。

ここでは、妊娠中、特に妊娠初期に不足しがちな栄養素をご紹介します。
◆妊娠初期に不足しがちな栄養素
第1位:葉酸
第2位:鉄分
第3位:カルシウム
要注意栄養素その1:葉酸

 

葉酸は、人間の設計図とも言える遺伝子情報DNAを合成するために欠かすことのできない重要成分です。
私たちの身体やお腹の中にいる赤ちゃんは、細胞に刻まれるDNAの情報をコピーしながら分裂を繰り返すことで身体の組織を作っていきます。

妊娠成立直後、胎芽期(0〜7週間)と呼ばれるこの時期の赤ちゃんは、細胞分裂を活発に繰り返していくことで人間らしい形へと変化し立派な赤ちゃんへと成長をしていきます。
妊娠初期の葉酸不足は、赤ちゃんの脳や脊髄、中枢神経の発達に大きな影響を与えるため妊娠前の約2倍、1日に400μgの摂取が必要とされています。

葉酸不足は、妊娠高血圧症候群や常位胎盤早期剥離、流産のリスクも引き上げます。妊娠初期にかぎらず出産まで補い続けたい最重要とも言える栄養素が葉酸です。
要注意栄養素その2:鉄分

 

最近では、食生活の変化により妊娠の有無に関わらず慢性的な貧血状態になっている「隠れ貧血」の女性が少なくありません。

妊娠中は、血液量も増えるため普段よりも血液の濃度が薄くなっています。さらにお腹の赤ちゃんのために優先的に鉄分が運ばれているため妊婦の3人に1人は貧血になっています。

妊娠中は、妊娠以前の約1.7倍、1日に20rの鉄分が必要になります。赤ちゃんに十分な血液を送るためにもしっかりと補っておきたい栄養素です。
要注意栄養素その3カルシウム

 

妊娠初期から出産にかけての注意するべき栄養素として意外と知られていないのがカルシウムです。

赤ちゃんの骨や歯を作るために必要不可欠なカルシウムは比較的普段の食事や牛乳などの補いやすい成分です。ですが、妊娠前の約1.5倍、1日に900rの摂取が必要でつわりがひどい方や好き嫌いの多い方は注意が必要な栄養素です。

カルシウムの補給が足りていない場合、妊婦の歯や骨から溶かしてでもカルシウムを届けようとします。その結果、将来骨密度が減少し骨粗鬆症のリスクが上がったり、妊娠高血圧症候群のリスクが高まることもありますので注意が必要です。

妊娠初期サプリでの摂取を勧める理由とは?

上記の栄養は、もちろん栄養バランスの取れた食事を徹底して摂るで補うことも可能ですが当サイトで妊娠初期サプリを活用して補う方法を推奨しています。

その理由は以下3つによるものです。
サプリで補うべき理由1:吸収力が大幅に高い
サプリで補うべき理由2:つわり中でも飲むことができる
サプリで補うべき理由3:病院や厚生労働省でもサプリでの摂取を推奨
サプリで補うべき理由1:吸収力が大幅に高い

 

妊娠初期に必要不可欠な葉酸には、モノグルタミン酸型(サプリに含まれている葉酸)とポリグルタミン酸(食事に含まれる葉酸)の2種類があります。

同じ葉酸の名前を関していますが吸収率には大きな違いがあります。サプリ型のポリグルタミン酸の吸収率は、摂取量の85%に対して食事型のポリグルタミン酸では約50%しか吸収することができません。

さらに水溶性ビタミンに分類される葉酸は、水や熱に極めて弱い特性を持っているため調理で段階で大幅に栄養素が減少してしまいます。

鉄分は普段の食事で補いづらい栄養素の筆頭とも言える栄養素です。

葉酸と同じようにヘム鉄・非ヘム鉄の2種類に分かれ、吸収率の高いヘム鉄でも全体の10%〜20%しか吸収することができません。さらに非ヘム鉄に関しては、わずか1%〜6%の吸収率です。

そのため、食事だけに頼るのではなく吸収力の向上に特化した良質な葉酸サプリや鉄分サプリを活用することで妊娠中の必要量を効果的にカバーすることができます。
サプリで補うべき理由2:つわり中でも飲むことができる

 

妊娠から妊娠初期の間に多くの女性を苦しめる悩みの種となるのがつわりです。

つわり中は味の好みを変わり、あらゆる臭いにも敏感になります。症状がひどい場合は、ほとんど何も食べることができず、水を飲むことすらできない方もいます。

つわりは、お腹の中で元気な赤ちゃんが育っている証拠でもありますが、やはり母子ともに栄養不足が心配になるところです。

妊娠初期用、妊婦用に設計されたサプリは飲みやすさへの配慮が抜群でつわりを気にせず飲むことのできる商品が多くあります。さらに高品質な葉酸サプリの口コミを見てみるとつわりの症状が軽減した口コミや体験談をいくつも見ることができます。

これは、葉酸の吸収率を高めるパートナー成分として配合されているビタミンB6につわりを軽減する効果があるためだと考えられます。

厚生労働省が公表しているデータにも、ビタミンB6が妊婦のつわりの70%を軽減したとの報告がありますのでつわり対策としても活用できるのは嬉しいポイントです。
サプリで補うべき理由3:病院や厚生労働省でもサプリでの摂取を推奨

 

母子手帳にも記述のあるように妊娠中の女性に対してサプリなどの栄養補助食品を使った葉酸摂取を厚生労働省も勧めています。食事による摂取ではなく栄養補助食品での摂取を勧めていることからも、いかに葉酸の摂取が難しいか伝わるかと思います。

鉄分も同じように、定期検診や診察を受ける際に医師より鉄剤や鉄分サプリによる鉄分補給を薦められることが多くあります。

医師から処方される鉄剤には確実な貧血改善効果がある一方で、ひどい吐き気や下痢・便秘などの副作用があらわれることが少なくありません。

このような副作用を感じることがない点からも妊娠初期サプリの活用はおすすめです。

妊娠初期サプリの選び方5つのポイント!

いざサプリを選ぼうにも数え切れない程の種類があり、どのサプリを選んだらよいかが分からない方と思います。非妊娠時であれば、もったいない買い物をしたなと後悔する程度ですがお腹に大切な赤ちゃんを身籠っている今だけはそのようなことは言ってられません。

ここでは、失敗できない妊娠初期でのサプリの選び方のポイントをご紹介します。
妊娠初期サプリの選び方5つのポイント!
選び方1:メインは葉酸サプリ!
選び方2:葉酸の推奨摂取量をクリア!
選び方3:モノグルタミン酸型の葉酸サプリ!
選び方4:化学合成成分無添加の商品!
選び方5:鉄分・カルシウム・ビタミンB6を同時配合!
選び方1:メインは葉酸サプリ!

 

妊娠初期の栄養補給にサプリを使うのであれば葉酸サプリ、鉄分サプリの2択になります。
ですが、妊娠初期であれば迷わず葉酸サプリを摂ることをおすすめします。

前述の通り、妊娠初期にお腹の中の赤ちゃんがしっかりと組織形成するためには葉酸が必須の栄養素になります。

妊娠中期に差し掛かるにつれ徐々に鉄分の必要量が上がっていくため鉄分サプリに切り替える検討をすることもありますが、初期であれば葉酸メインの葉酸サプリを選択するとよいでしょう。
選び方2:葉酸の推奨摂取量をクリア!

 

葉酸サプリと一言で言っても、妊婦に焦点を絞った葉酸サプリから単純に普段の栄養素補う目的の葉酸サプリまで幅広い商品があります。

安全性を配慮した商品であれば葉酸を補う意味で無意味ではありませんが、確実に妊娠初期に必要な1日400μg(0.4mg)の必要摂取量をクリアしている商品を選ぶようにしましょう。
選び方3:モノグルタミン酸型の葉酸サプリ!

 

前述の葉酸の欠点である低い吸収率をカバーするために吸収率の高いモノグルタミン酸型の葉酸サプリをチョイスするようにしましょう。

厚生労働省があえてモノグルタミン酸型の葉酸サプリの摂取を推奨していることからも葉酸サプリ選びの必須項目で大前提となりますので是非抑えておきましょう。
選び方4:化学合成成分無添加の商品!

 

葉酸サプリをはじめとする多くのサプリメントには、食品添加物を大量に含んでいる商品も少なくありません。

食品の安全基準が極めて高い日本では、食品添加物=悪ではありません。ですが、大切な命を育んでいる妊娠中にはできるだけ避けるべきです。

毎日摂取するものですので、出来る限り安全性が高くあらゆるリスクの低い添加物無添加の商品を選びましょう。
選び方5:鉄分・カルシウム・ビタミンB6を同時配合!

 

高品質な葉酸サプリには、妊娠初期に必要不可欠な鉄分、カルシウム、ビタミンB6を同時配合しているものがあります。

葉酸だけを補うのもいいですが、せっかくサプリを摂るのであれば葉酸以外の要注意成分を同時配合しているサプリを選ぶようにしましょう。特に、つわりがひどく食事からバランスの良く栄養を取れない方にはおすすめです。

おすすめの妊娠初期サプリランキング!

ここでは、妊娠初期や妊娠中の女性に大人気の妊娠初期サプリをランキング形式にしてご紹介します。
ランキングの基準に関しては、妊娠初期サプリの選び方の5つのポイントを基準にし、口コミ人気や当サイトでの販売数などをもとにランクづけしています。

ランキング第1位:ベルタ葉酸サプリ

ベルタ葉酸サプリ

価格 1日あたりのコスト 飲みやすさ
3,980円 約132円 ◎臭いなし 小粒
妊娠中の女性の悩みを幅広くカバーしているBELTAより発売の大人気葉酸サプリ。妊娠中に気を付けたいサプリの選びのポイントを全てを抑えた文句なしの葉酸サプリです。開発スタッフやサポートスタッフは、出産を経験している現役ママばかり。実際に妊娠を経験したことがないと分からない妊婦ならではの不安をカバーしてくれているので安心感は抜群です。

ランキング第2位:はぐくみ葉酸

はぐくみ葉酸

価格 1日あたりのコスト 飲みやすさ
3,980円 約132円 ◎臭いなし 小粒
相談できる通販会社をコンセプトに掲げるはぐくみプラスより発売のはぐくみ葉酸。コンセプトに掲げられたとおり、経験豊富な管理栄養士のサポートを受けることができ安心感は抜群。レモンから抽出した葉酸を使っていますが、実際にニオイはほとんどありませんのでつわりがひどい方でも飲むことができます。ベルタと比べ葉酸以外の成分が若干見劣りしていることが残念。

ランキング第3位:AFC葉酸サプリ

AFC葉酸サプリ

価格 1日あたりのコスト 飲みやすさ
1,980円 約66円 ◎臭いなし 小粒
TVや雑誌の露出も増え、葉酸サプリの定番になりつつあるAFCの葉酸サプリ。1番の魅力は、価格の安さ。添加物は含まれているもの、葉酸サプリの基本は抑えているため出来るだけコストを抑えたい方にはおすすめのサプリです。鉄分やカルシウムの配合量も多いため、コスパの高い葉酸サプリ。

貧血ご紹介!症の私が妊娠初期に飲んでいたおすすめのサプリを

結婚して5年目、妊活の末ようやく子供が授かりましたが、私は貧血症でした。

妊娠初期に葉酸を摂ると、赤ちゃんに障害がでるのを避けされると先輩ママから聞きました。ブロッコリーや納豆に含まれているそうなのですがあいにく私はどちらもあまり好きではなくて、サプリで摂取することにしたんです。飲んだのは通販購入したベルタ葉酸サプリ。

(某妊婦雑誌で宣伝していたので)葉酸以外の必要な栄養素に美容成分も入っているし金額的にもそれほど高くないのが良かったですね。

妊娠中は特に目に見える効果は感じませんでたが、葉酸を摂っているから大丈夫!という安心感がありました。悪阻の時でもこれなら摂りやすかったので助かりました。今では元気な赤ちゃんも産まれ、元気に育ってくれているので葉酸に感謝しています。

妊娠初期の貧血にはベルタ葉酸サプリがおすすめ!

ヘモグロビンの数値も平均の半分以下しかなく、健康診断を受ければ、病院の方から再受診を促す電話がくるくらいでした。

食べ物には気を遣って貧血を改善させるべく頑張っていましたが、つわりも始まって思うように食べられなくなり、とうとう医師から鉄剤を渡されてしまいました

でも鉄剤を飲むと便秘になるし、胃痛がします。

そのせいで、せっかくもらった鉄剤も続きませんでした。

そんな時、同じ時期に妊娠した友達から「ベルタ葉酸サプリ」を飲んでいる事を教えて貰いました。

ベルタ葉酸サプリは、葉酸だけでなくカルシウム、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれたサプリメントなのだそうです。

さっそく公式サイトから購入して飲み始めると、私自身あまり効果は感じられませんでしたが、2週間に1回の健診では、少しづつですが確実にヘモグロビンの数値が上がっていました
ベルタ葉酸サプリは女性の美容にも効果的です。

体のむくみは少なく、乾燥肌だった肌も潤ったようにモチモチ肌になっていました。

鉄分サプリを飲んで妊娠初期の妊娠生活が快適になりました

元々貧血気味だった事もあり、妊娠中には更にその症状が悪化してしまいました。
妊婦検診の際の血液検査で毎回引っかかってしまうので、病院から勧められた鉄分のサプリを飲みはじめたのですが、そのお陰で息切れしやすく疲れやすかった体質が激変したのです。

貧血体質である上に妊娠中だと言う事からその症状は当たり前だと思っていた節がありましたが、単に鉄分が不足してただけのようです。
元気に生活できるようになったお陰でそれまで辛いと思っていた妊娠期間が快適で楽しくなったのでもっと早くサプリを飲むべきだったと思っています。
参考:おすすめの鉄分サプリ比較ランキング|「鉄分サプリの通信簿」