MENU

妊娠初期は子宮の冷えに要注意!意外なトラブルに繋がることも

妊娠前から冷えに悩んでいる女性は多いのでしょうか?

妊娠するとそれまで冷えで悩んだ事がなかった女性も、冷えやすい体質になってしまいます。

特に子宮を冷やすと胎児にとっては悪影響を及ぼしてしまいます。

ではこの冷えが妊娠にどのような影響をもたらすのか具体的にみてみましょう。

妊娠初期に子宮が冷えやすくなるメカニズムとは?

女性は妊娠するとホルモンバランスが変化する事で、冷えやすい体になります。ホルモンバランスが乱れると、自律神経をコントロールする脳の視床下部の調整がうまくいかなくなります。そうなると、体温調節が困難になり、冷えを発症してしまうのです。また、男性よりも筋肉量が少ない事も原因の一つです。

妊娠初期に子宮を冷やすと起こるトラブルとは?

女性の体は男性に比べて筋肉量が少ないため、元々冷えやすいです。妊娠するとホルモンバランスが変化し、今まで冷えにくかった女性も、冷えやすい体質になってしまいます。では冷えると起こりやすい母体や胎児へのトラブルを詳しくみてみましょう。
母体へのトラブル
・足の浮腫み
・お腹が張りやすくなる
・便秘になる

・足の浮腫み
浮腫みには血液量と関係があります。血液は水分や栄養分を細胞へ送る働きがあり、体内を巡ります。細胞で不要となった水分は、静脈やリンパに戻り再び体内を巡ります。ところが妊娠すると、胎児は母体から胎盤を通じて血液を送ってもらい、そこから栄養を摂っています。このとき血液が不十分にならない様に、母体は血液量を増やします。その結果、余分な水分が溜まるため浮腫みの原因になるのです。この浮腫みは血行不良や冷えの原因になってしまいます。

・お腹が張りやすくなる
妊娠中母体が冷えると、血行不良などでお腹が硬くなってしまいます。寒い時に縮こむのと同じ感覚です。この冷えが原因で子宮が収縮してお腹の張りを起こしてしまうのです。子宮が硬くなってしまうと、胎児にとっても居心地が悪くなってしまいます。お腹が張っているなと感じたら無理せず休む事が大切です。

・便秘になる
妊娠中に母体が冷えてしまうと便秘になりやすいです。妊娠すると妊娠を継続させるプロゲステロンという黄体ホルモンが分泌されます。このプロゲステロンは妊娠継続にとても重要なホルモンですが、このプロゲステロンは胃や腸の筋肉を緩めてしまう働きがあり、便を腸から肛門へ移動させる蠕動(ぜんどう)運動の力が低下してしまい、便秘になってしまいます。
胎児へのトラブル
・逆子になりやすい
・低体重や早産で生まれやすい
・胎盤早期剥離のリスクが高くなる

・逆子になりやすい
胎児は暖かい場所を好みます。母体が冷えていると胎児は暖かい場所を求め動き回り、逆子になってしまいます。逆子になると難産の原因にもなりますし、出産時に帝王切開での出産になってしまいます。

低体重や早産で生まれやすい
妊娠中の母体が冷えてしまうと、血行不良となり、胎児に十分な栄養が送られず、早産や流産になってしまう危険があります。早産とは妊娠週が22週・7週未満の事です。流産は妊娠週が22週未満で分娩する事です。早産で生まれてしまうと、新生児集中治療室での治療が必要になり、早産の数週が早ければ早い程、赤ちゃんの障害のリスクも上がります。・

・胎盤早期剥離のリスクが高くなる
胎盤早期剥離とは、胎児が栄養や酸素をもらう胎盤がまだ胎児がお腹にいるうちに子宮から剥がれてしまう事です。胎盤が剥がれてしまうと、胎児が栄養や酸素が届けられないため、母体だけに留まらず、胎児にまで悪影響を及ぼしてしまう疾患です。
これは冷えによって血流が悪くなると起こってしまいます。

これらの母体や胎児へのトラブルを回避するためにも早めの冷え対策が必要となります。

妊娠中に子宮が冷えてしまう3つの原因

妊娠するとホルモンバランスの変化で子宮が冷えてしまいます。子宮が冷えてしまうと母体や胎児にも様々なトラブルに発展してしまいます。ではなぜ、妊娠中に子宮が冷えてしまうのか3つの原因を説明します。
1.睡眠不足
2.血行不良
3.筋力の低下

1.睡眠不足
妊娠すると妊娠前よりも体力がなくなります。ですので妊娠前と同じ様に体を動かしているとそれが原因で疲労となり、睡眠不足の原因になります。又、つわりなどでなかなか夜寝れなかったり、生活のリズムが狂ってしまい、睡眠不足になってしまいます。

2.血行不良
冷たい飲み物ばかり飲んだりしていると体を直接冷やしてしまい、
血管が収縮してしまい、血行不良になってしまいます。血行不良になると子宮に十分な血液が送れず、子宮は冷えてしまいます。

3.筋力の低下
妊娠中はあまり無理な運動はできません。その結果妊娠前よりも筋力が減ってしまい、体を内側から暖める力が弱くなります。その結果、子宮が冷えてしまうのです。

妊娠するとそれまで冷え性だった人も更に冷えやすくなります。
子宮を冷やさない事はとても重要です。

妊娠中に子宮を冷やさないための5つの対策

妊娠中に子宮を冷やさないための対策をご紹介します。

1.妊娠中の服装に気をつける
2.夏場のクーラーをかけすぎない
3.定期的に運動をする
4.体が温まる食事を摂るようにする
5.足湯などで体を暖める

1.妊娠中の服装に気をつける
体を締め付ける下着などは血行を悪くしてしまう原因になります。妊娠中はゆったりした服装にしましょう。また手足が冷えやすくなるので、靴下や、ストッキングなど足を温める工夫をして下さい。

2.夏場のクーラーをかけすぎない
夏場のクーラーは知らず知らずのうちに母体から体温を奪っています。夏場でもお腹には腹巻きで冷えを予防したり、靴下を重ねて履くなど冷え対策をして下さい。

3.定期的に運動をする
定期的な運動は血行不良を改善する効果があります。更にストレスの発散など気分転換になりますので、軽めのウオーキングや室内でもできるマタニティヨガなどを行って下さい。

4.体が温まる食事を摂るようにする
冷えを防止するために体を暖める食事を摂るよう工夫して下さい。
生姜の成分であるショウガオールは血行を良くし、体温を高める効果があり、キムチはカプサイシンだけでなく、便秘に効果がある乳酸菌も含まれているため、おすすめの食材です。

5.足湯で体を暖める
足湯をする事で血行が良くなり、体内に溜まっている老廃物や水分が排出され、浮腫み防止に効果があります。

妊娠中はどんなトラブルが起こるか分かりません。冷えは妊婦さんには大敵です。普段の生活で体を暖める事を意識するだけで冷えは改善されます。

妊娠中は子宮が冷えないようにする事が大切!

妊娠中はホルモンバランスが変化するので、妊娠前より冷えやすくなっています。

その冷えをそのまま放置してしまうと、母体だけでなく胎児にまで影響を及ぼします。妊娠が分かったら、早い段階で冷え対策を心がけて下さい。お腹の赤ちゃんのためにも体を冷やさない様に意識する事が大切です。