MENU

妊娠初期に貧血が起こる原因は?母体と胎児のリスクを減らす方法

女性は妊娠すると、すぐに体調に変化が現れます。急に体がだるくなり、疲れやすくなります。その原因の一つに貧血の症状があり、放っておくと重症化してしまい、胎児や母体にまで悪影響が出てしまいます。

今回はこの妊娠中の貧血について詳しく調べてみました。

妊娠すると貧血が起こりやすくなる体のメカニズムとは?

妊娠すると貧血が起こりやすくなる原因は、母体の変化によるものです。妊娠すると母体はどのような変化を及ぼすのか、体のメカニズムを詳しくみていきます。

貧血の原因は、体中の酸素を運ぶための赤血球の中にある鉄分が不足する事でヘモグロビンが減り、体内の酸素が行き渡らず酸欠状態になり、体調不良を起こす状態をいいます。

赤血球の中にはヘモグロビンという赤血球の大部分を占めている血色素があり、このヘモグロビンは全身に酸素を送り届ける役割があります。

妊娠初期に起こりやすい貧血の症状の多くは、「鉄欠乏性貧血」といいます。

症状はめまい・寒気・体がだるい、頭痛などといった症状が現れます。

妊娠すると、胎児は母体から栄養をもらい育ちます。ですが、妊娠した事で今まで母体に送られていた鉄分が、胎児へ優先して送られるため、母体自体の鉄分が不足し、ヘモグロビンの量が減るため、貧血状態になってしまうリスクがあります。

また、妊娠すると母体の血液量が増えます。これは胎児に栄養を送りやすくするために起こる身体の変化です。

この時、母体ではヘモグロビンの量よりはるかに上回る、血漿(けっしょうとは血液中の赤血球・白血球・血小板を除く液体成分の事です。)が増えてしまい、その結果血液が薄まった状態になるため貧血症状が起こりやすくなるのです。

妊娠中の貧血が胎児や母体に与えるリスクとは?

妊娠初期に起こった貧血症状をそのまま放置しておくと、母体や胎児にリスクを及ぼします。では、どの様なリスクなのか具体的に見てみましょう。

■母体に与えるリスクとは?

 

出産後にリスクがあります。
貧血状態のままだと、血圧が下がり、出産の際出血が増えてしまいます。これは鉄分が不足し、ヘモグロビンの量が減る事や、血漿(けっしょう)の量が増える事で血液が薄まってしまうためです。

また、産後の母乳の出も悪くなります。母乳は母体の血液から作られているので、母乳を与えると母体の貧血状態が悪化してしまう危険性があります。そのようにならないためにも、妊娠中に医師から鉄剤の薬を処方されることが多々あります。

■胎児に与えるリスクとは

 

妊娠初期に鉄分が不足して貧血状態が続くと、胎児が低体重や未熟児として生まれてしまうリスクが高くなります。

そして、生まれた赤ちゃんにも貧血の症状が現れる可能性があります。原因は、妊娠中の貧血によってうまく胎児に栄養や酸素が行き渡らず、栄養不足・酸素不足になるためです。

妊娠中に貧血症状が出てしまった時の3つの対処法とは

? では、妊娠中に急に貧血の症状が出てしまったらどうすれば良いのでしょうか?3つの対処法を見てみましょう。

その1.安静にする
貧血の症状が出たら、まずは体を横にしたり、椅子に座るなどをして安静にします。貧血が起きていると、立ちくらみやめまいを伴いますので、立ったままでいると非常に危険です。貧血かなと思ったら直ちに安静するようにしましょう。

その2.体を暖める
貧血症状が出ると体温が下がり、寒気を感じます。その時は毛布や靴下などで体を暖めましょう。

その3.衣服をゆるめる
シャツのボタンや下着を緩める事で血流を良くしましょう。


上記の症状が頻繁に現れたらかかりつけの産婦人科の先生に相談しましょう。

妊娠初期の貧血を防ぐ3つの方法とは?

妊娠が分かってからすぐ出来る貧血にならないための3つの方法をご紹介します。

1.食事で摂る
鉄分が多い食材を積極的に食べる事で食事から鉄分を補います。

鉄分を補う際、「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」に分類されます。

ヘム鉄は体内への吸収が良いのに対し、非ヘム鉄は体内への吸収が悪いのです。

ですが、非ヘム鉄はビタミンCやたんぱく質と一緒に摂る事でヘム鉄へと変化します。これらをバランスよく摂る事が大切です。

ヘム鉄は、動物性食品であるレバー・豚肉・牛肉などの肉類やカツオ・マグロ・あさり・ひじきなどの魚類に多く含まれています。

そして、非ヘム鉄は、ホウレンソウ・小松菜などの野菜類や納豆、木綿豆腐などの豆類、プルーン・レーズン・いちじく・くるみなどの果物類に多く含まれています。

ヘム鉄と非ヘム鉄の吸収率には、かなりの差がありますので意識的にヘム鉄を多く含む食材を摂るように心がけてください。

2.鉄分の入ったサプリメントを摂る
食材で摂る事が難しい場合は、サプリメントから摂る事も効果的です。妊娠中に必要な葉酸やたんぱく質・ビタミンCなどがバランスよく配合されているサプリメントから栄養を補います。

3.鉄分を吸収するための栄養分を摂る
鉄分の吸収を良くする栄養成分はたんぱく質とビタミンCです。これらの成分を一緒に摂る事で吸収が良くなります。

たんぱく質が豊富な食材は、牛肉・鶏肉・豚肉・鮭・いわし・マグロ・きな粉・あずき、などになります
ビタミンCが豊富な食材は、キウイフルーツ・イチゴ・レモン・モロヘイヤ・ピーマンなどの野菜やフルーツに多く含まれています。

妊娠中の貧血は食事やサプリで早めの対策を!

妊娠初期から貧血症状が出ている人は妊娠が進むに連れて酷くなる場合があります。酷くならないためにも積極的に鉄分の入った食材をバランスよく食べ、サプリメントなどで補う事で、妊娠中の貧血を改善する事が重要です。