MENU

妊娠初期におならや便秘になりやすくなる原因は?対策はある?

妊娠初期におならや便秘になりやすくなるのは何で?
妊娠すると、ホルモンバランスが変化する事でおならが頻繁に出やすくなります。それと同じくして、便秘にもなりやすくなります。ではなぜ妊娠するとおならや便秘になりやすくなるのでしょうか?妊娠中の体のメカニズムとその対策について調べてみました。

妊娠初期に起こる便秘の3つの原因とは?

妊娠すると便秘になりやすくなります。なぜ妊娠すると便秘になるのでしょうか?
妊娠初期に便秘になりやすくなる3つの原因をみていきましょう。

1.ホルモンバランスの影響
2.食生活の変化で腸内環境が悪化
3.運動不足

1.ホルモンバランスの影響
妊娠すると黄体ホルモンが増加します。これは別名プロゲステロンともいい、女性ホルモンの一種で妊娠を継続する際、重要なホルモンです。このプロゲステロンは増加すると、胃や腸などの筋肉を緩めてしまう働きがあり、腸のぜん動運動の動きを鈍らせてしまい、便秘になりやすくさせてしまいます。

2.食生活の変化で腸内環境が悪化
便秘には食生活が大きく関わってきます。妊娠初期はつわりに苦しめられる事が多く、食べられる量が減ってしまいます。食べる量が減ってしまえば、水分や食物繊維などが不足し、便秘になってしまう原因になります。

3.運動不足
妊娠初期は体が非常に疲れやすく、つわりなどで食欲が落ち、体力を消耗してしまいます。更に妊娠初期は、切迫早産や切迫流産になりやすく、母体はまだ不安定なので運動もあまりできません。その結果便秘になりやすくなってしまうのです。

妊娠初期はどうしてもつわりなどが原因で便秘になりやすくなります。ですが妊娠中の便秘は腹痛の原因や、無理な排便の原因にもなり、胎児にも良くありません。便秘が続くようなら、早めの処置が必要です。

腸内環境がおならや便秘につながるメカニズムとは?

妊娠すると子宮が大きくなる事で大腸が圧迫され便秘になりやすくなります。

便秘が続くと腸内に存在している有害物質を発生させる悪玉菌が増えてしまい、この悪玉菌が増えると、体臭やおならを発生させる原因になってしまうのです。

妊娠初期に便秘に悩まない様にするための5つの対策

妊娠中はどうしてもホルモンバランスが乱れ、ストレスや運動不足で更に便秘になりやすくなります。そこで便秘改善に役立つ5つの対策をご紹介します。

1.水分をよく摂る
2.食物繊維をよく食べる
3.腸内環境を良くする
4.適度な運動を心がける
5.妊婦さん向けの薬を医師に処方してもらう

1.水分をよく摂る
便秘を改善させるには水分を十分に摂る事が大切です。水分を上手く補給する事で、便を柔らかくし、便秘改善に効果があります。
毎日の週間に、朝起きて一杯のお水を飲む様にすれば、胃や腸が刺激されて便通が良くなります。

2.食物繊維をよく食べる
腸内には善玉菌という腸内細菌が存在します。この善玉菌のエサになるのが、食物繊維です。食物繊維を積極的に摂り入れる事で腸内環境が良くなり便秘改善の効果があります。
食物繊維には2種類あり、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。
水溶性食物繊維は水に溶けやすい食物繊維で主に、きのこや海草類などに含まれています。不溶性食物繊維は水に溶けにくく、野菜や果物に含まれています。これらの2種類の食物繊維を不溶性が2,
水溶性が1の割合で摂る事が理想のバランスです。

3.腸内環境を良くする
食物繊維でも述べましたが、腸内には食物繊維をエサとし、腸内環境を良くする効果がある善玉菌と、有害物質を発生し口臭や体臭にも影響を及ぼす腸内環境を悪くする悪玉菌、そして優先な方に味方する日和菌の3種類の腸内細菌がいます。乳酸菌やビフィズス菌は腸内環境を良くする善玉菌の代表格です。この3種類のバランスを腸内フローラといいます。理想的な腸内フローラのバランスは、善玉菌2、悪玉菌1、日和菌7の割合が理想的です。腸内環境を良くするためには、乳酸菌が欠かせません。乳酸菌を摂る事で善玉菌が優勢な形となり、腸内環境が良くなると便秘改善に効果があります。ですので、乳酸菌は積極的に摂り入れて下さい。

4.適度な運動を心がける
妊娠初期はあまり動けませんが、つわりが落ち着いてきて安定期を迎えると適度な運動ができますので、マタニティビクスやマタニティヨガ、軽いウォーキング、水泳など積極的に取り入れて下さい。適度な運動は腸内のぜん動運動を活発にし、便通を良くしてくれます。

5.妊婦さん向けの薬を医師に処方してもらう
どうしても便秘が治らない時は市販の薬に頼らず、妊婦さんでも使える便秘薬を医師から処方してもらうとよいです。薬の種類として、水分を沢山吸収する事で便をやわらかくし、便通をよくする、酸化マグネシウム、又は液体で数滴水分と一緒に摂る事で、大腸を刺激しスムーズに便が出るラキソベロンなどがあります。このラキソベロンや酸化マグネシウムは副作用が少ないので、妊婦さんや子供にも処方される事が多い薬です。

妊娠するとホルモンバランスの変化で腸内環境が悪くなり、便秘になりやすくなります。そうならないためにも食生活を見直し、便秘にならない体質でいる事が大切です。

妊娠すると体質が変わるので早めの体調管理が重要!

妊娠するとホルモンバランスが乱れるため、どうしても便秘になりがちです。日頃から定期的な運動を心がけ、食生活に気をつけ便秘にならない様に習慣づける事が大切です。