MENU

妊娠初期の体重増加やむくみの対策についてまとめてみました!

妊娠中の体重管理は大変重要です。これは妊娠初期から注意しなければならない事で、体重増加の目安は妊娠する前のBMIで決まります。痩せ過ぎても、太り過ぎても母体や胎児にとってはよくないのです。ここでは妊娠中の体重増加の原因やそれに伴う、妊娠中に起こりやすいむくみについてまとめてみました。

妊娠初期から見られる体重増加の原因とは?

妊娠すると、母体は胎児に栄養を送るため血液量が増えます。

更に、脂肪を蓄えるようなったり、羊胎盤などが形成され、他にも、子宮や乳房が大きくなる事で体重が増加してしまうのです。

体重の増加は血液で3・kg、羊水や胎盤がそれぞれ500g、赤ちゃんが大体3kg程です。それに脂肪などが加わります。・

妊娠初期の体重増加の目安は?

妊娠中の体重の増加は妊娠前のBMIで決まります。BMIとは脂肪指数という肥満度を表す数字です。計算式は

【BMI指数=体重÷身長×身長】
で表されます。

このBMIの基準値は以下の様に表します。
低体重・・・18.5未満
標準体重・・・18.5以上25未満
肥満度1・・・25以上30未満
肥満度2・・・30以上35未満
肥満度3・・・35以上40未満
肥満度4・・・40以上
この数値を元すると体重増加の目安が分かります。

低体重・・・18.5未満の方は10・2キロ

標準体重・・・18.5以上25未満の方は7・0キロ

肥満度1以上の方は5キロ

以上が妊娠時の理想の体重の増加になります。

妊娠中の体重の増加は増え過ぎても、減りすぎてもだめです。この数値を守って体重管理する事が大切です。

妊娠初期の体重トラブルで胎児や母体に与える影響とは?

妊娠中に体重が増え過ぎると、様々なトラブルを発症してしまいます。

ここでは体重増加によってまねく、妊娠高血圧症候群と妊娠糖尿病についてまとめてみました。

妊娠高血圧症候群とは
妊娠前は無かった高血圧・尿蛋白・むくみなどいずれかの1つまたは2つ以上に当てはまり、その症状が現れる病気を妊娠高血圧症候群といいます。

以前は妊娠中毒症と呼ばれていましたが、研究が進むにつれ、高血圧が主な関わりがある事が分かりました。

つまり、血圧以外のむくみや尿蛋白といった症状が認められたとしても、血圧が正常であれば、母体や胎児に関わる悪影響は少ないのです。

ですので、特に高血圧と診断されたお母さんは慎重に管理する必要があります。

妊娠高血圧症候群の定義は以下の通りです。

・高血圧
発症時期が妊娠20週¥o産後12週で最高血圧が140mmHg以上、最低血圧が90mmHg以上ある事。・

尿蛋白
24時間の尿を摂取し、1日の尿蛋白を正確に測定し、1日の量が300mg以上蛋白があれば尿蛋白と診断されます。
ただし、妊婦検診の際、尿蛋白が+1と出てしまっても、24時間の尿で判断されていないので、診断基準に満たない場合があり、その際は医師や看護師さんなどに指示に従って下さい。

妊娠高血圧症候群は妊娠中に10人に1人発生する疾患です。

特に妊娠32週以降に発生する事が多いです。高血圧が重症化してしまうと、出産時に力む事が出来ず(力む事で血圧が急激に上がってしまう危険があるため)帝王切開になる事もあります。

妊娠中は必ず定期的に検査をして下さい。
妊娠糖尿病とは
妊娠中に発症した糖代謝の一種で、妊娠中に血糖値が上がりやすくなり、一定基準値を超えてしまう事で発症してしまいます。

これは出産後胎盤が出ると治る一過性のものですが、妊娠糖尿病放っておくと母体や胎児に悪影響を及ぼします。

妊娠糖尿病が悪化すると、胎児が巨大児になり難産になるだけでなく、妊娠高血圧症候群の発症や、出産の赤ちゃんが低血糖に陥ってしまう事もあります。早めの発見で早期治療早期対策が必要になります。

原因は妊娠すると、母体はエネルギーの元であるブドウ糖を胎児与える事で胎児が大きくなるのですが、通常食べ物からブドウ糖を摂った時に膵臓からインスリンという血糖値をコントロールをするホルモンが分泌されます。ですが、胎盤がこのインスリンの分泌を抑制してしまい、血糖値が上がってしまう原因になるのです。

妊娠糖尿病の検査は以下の通りで、75OGTTというブドウ糖が入った炭酸水を飲んで検査します。

・空腹時の血糖値・・・92mg/dl以下

・1時間後の血糖値・・・180mg/dl以下

・2時間後の血糖値・・・153mg/dl以下

このうち1つでも当てはまってしまうと妊娠糖尿病と断定されます。

妊娠糖尿病になりやすい人は、35歳以上の高齢出産や、肥満、親族に糖尿病がいるなど、該当すると発症しやすいです。

これらの病気は体重増加で起こる事が多いので、妊娠中は体重増加し過ぎない様にして下さい。

又出産後妊娠糖尿病が治っても、将来糖尿病になるリスクは妊娠糖尿病になっていない方よりもリスクが7倍以上になるため、産後も生活習慣に気をつけて下さい。

妊娠中に起こるむくみの原因とは?

むくみは妊娠中に胎児に栄養を送るために血液量が増えてしまい、余分な水分が体内に溜まる事でおこります。

その原因は塩分の摂り過ぎや、運動不足が原因です。

特に妊娠後期になってくると、胎児の重みで足の付け根のリンパを圧迫し、むくみやすくなります。あまりむくみがひどくなると、妊娠高血圧症候群の原因にもなるので、早めの診察を受ける様にして下さい。

妊娠中の注意したい4つのむくみの症状とは?

妊娠中は水分を溜め込むためむくみやすくなるものです。ですが、中には注意があるむくみもあります。その症状は以下の通りです。

1.体重の増加が1週間で0.5キロ以上増加
2.むくみがなかなか引かない
3.尿の量が減少した
4.手足や顔がぱんぱんに膨らむ

この様な症状が出たときはすぐに医師に相談しましょう。

妊娠中のむくみを改善するための5つの対策とは?

妊娠中にむくまない様にするためにはどのような方法があるのでしょうか?むくみを改善する5つの対策をまとめてみました。

1.塩分の摂り過ぎに気をつける
2. カリウムを摂る
3.足を高く上げて寝る
4.血行を良くする
5.着圧ソックスを使用する
1.塩分の摂り過ぎに気をつける
むくみの解消法として効果的なのは塩分を控える事です。塩分は体内に水分を溜め込む働きがあり、むくみの原因になります。妊娠中はなるべく塩分が多い食事を避け、減塩を意識して下さい。

2. カリウムを摂る
カリウムは塩分を排出する効果があります。このカリウムが入っている食材はトウモロコシ・バナナ・アボカド・リンゴ・海草類などです。特にバナナはカリウムが豊富な食材で、100g当たり、360mgも含まれており、アボカドに至っては、100g当たり、720mgも含まれています。妊娠中はこれらを積極的に摂る事でむくみ効果に繋がります。

3.足を高く上げて寝る
足を心臓より高く上げる事で足に溜まったむくみを解消する事ができます。妊娠中はむくみが原因で足がだるくなりやすいので、足を上げて寝る事で、翌朝スッキリする効果があります。

4.血行を良くする
血行を良くするマッサージを行う事でむくみが解消されます。リンパの流れに沿ってマッサージを行ったり、足湯をして血行を良くするだけでもむくみの改善に効果があります。その際お湯にリラックス効果のあるアロマを使ってみると、心も体もほぐれておすすめの方法です。

5.着圧ソックスを使用する
むくみを防止する着圧ソックスなどを使って、足の先から心臓に向け、リンパを流す事でむくみ改善に効果があります。

以上の5の方法がむくみを解決する方法です。自分に合った方法で日頃から意識して毎日の週間に取り入れてみて下さい。

妊娠中は体重管理に気をつけ、むくみ防止対策を!

いかがでしたか?妊娠中は体内が水分を蓄えようとし、むくんだり又胎児が大きくなる事で、体重増加しやすい体になっていきます。

ですが体重が増えすぎると、母体や胎児にトラブルが起こりやすくなります。そうならないために普段から体重管理に気をつけて、むくみ対策をする事が重要です。